葉酸について

当サイト(葉酸まるわかり)について

このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトでは、妊婦さんが葉酸を摂取する上での注意点(1日に必要な摂取量、摂取が必要な時期、過剰摂取による副作用など)について、わかりやすく解説をしています。葉酸は元気な赤ちゃんを生むために欠かせない栄養素ですが、正しい知識のもとで摂取をしないと、十分な効果を実感することはできません。

葉酸とは?


葉酸とは、別名ビタミンB9、ビタミンM、プテロイルグルタミン酸など、いろいろな呼び方を持っている栄養素です。水溶性ビタミンなので、水分に溶けて体内に吸収されます。

葉酸の役割は?


葉酸は、体内でアミノ酸や核酸を合成するのを助けています。核酸とは、細胞の修復や生まれ変わりにどうしても必要な分子。アミノ酸とは、細胞そのものを合成する分子。つまり葉酸は、体そのものの基本である細胞を作り出すのに欠かせない栄養素なのです。

葉酸が欠乏するとどうなるの?


体内に葉酸が不足すると、体内の細胞の再生がうまくいかなくなるため、さまざまなトラブルが発生します。まず、赤血球の合成がうまくいかなくなるため貧血になります。

更に、ホルモンの合成もうまくいかないためホルモンバランスが乱れることによるさまざまな症状、免疫機能の衰退、消化管機能の異常、ひいては心臓病、大腸がん、子宮がんなどの引き金ともなり得ます。

妊婦さんは特に葉酸が必要


特に、妊婦さんは葉酸が不足しないように注意しなければなりません。葉酸は細胞の再生を助ける栄養素です。おなかの赤ちゃんは、ものすごい勢いで細胞分裂を繰り返し、成長しているため、どうしても葉酸を必要としています。

もしも妊婦さんが葉酸不足だと、赤ちゃんの細胞はうまく分裂できず、重篤な事態が発生してしまう危険性があります。例えば神経管の異常などです。妊婦さんは特に妊娠初期に葉酸不足にならないようにしなければなりません。

妊娠初期というと、本人も妊娠に気づいていないケースもあるため、妊娠する可能性のある女性は日ごろから葉酸を摂取している必要があると言えます。

葉酸はどうやって摂取するの?


一般成人の葉酸の1日の摂取目安量は200μgといったところです。妊婦さんはもう少し多めで1日に480μg摂取することが推奨されています。

葉酸を多く含む食材はアスパラガスや枝豆、ブロッコリーなどで、アスパラガスなら100g中180μg、枝豆なら100g中260μg含まれています。葉酸は熱や光に弱いので、火を通す時間はできるだけ短くしましょう。毎日の摂取に不安があるなら、サプリメントで補給するのもいいですね。

尚、厚生労働省では、妊娠初期の妊婦さんはサプリメントから1日に400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。その理由は、毎日の食事からの1日に480μgの葉酸を継続的に摂取するのは、現実的に難しいからです。

通常の食事からでも少量の葉酸(1日に50μg〜100μg)は摂取できますが、サプリメントから1日に400μgの葉酸を摂取すれば、おおよそですが1日に480μgになります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加