葉酸の過剰摂取による副作用について

葉酸の過剰摂取による副作用とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

葉酸は不足すると健康を害しますが、過剰摂取も問題を引き起こしてしまいます。過剰摂取の目安は1日につき1000μgです。葉酸をサプリメントで摂取する場合に注意が必要です。

葉酸を過剰摂取するとどうなるの?


葉酸を1日に1000μg以上取りすぎると、葉酸過敏症を起こす恐れがあります。症状は、皮膚のかゆみ、蕁麻疹、発熱、喘息などの呼吸障害などです。

また、吐き気や食欲減退、むくみ、不眠症になることもあります。妊婦さんの場合、葉酸を過剰摂取すると赤ちゃんが喘息になってしまう確率が上昇するようです。サプリメントの摂取量はきちんと守りましょう。

葉酸を過剰摂取してしまった場合の対処法は?


葉酸サプリを間違えて大量に飲んでしまった場合…。もしも葉酸過敏症が起きているなら、すぐに服用をやめて医師に相談しましょう。過敏症が起きず、体調に不調を感じないなら、葉酸サプリを1〜2日休んで、それから再び正しい摂取量で開始しましょう。葉酸は毎日飲むのがベストなので、1日飲まないとちょっと不安になるかもしれませんが、実際は1〜2日飲み忘れても大丈夫です。

1日に葉酸1000μg以上が過剰摂取


葉酸は水溶性のビタミンであるため、食品から摂りすぎた場合には尿に混じって排泄させるため、基本的に問題にはなりません。それに、食品から葉酸を摂取する場合、葉物やレバーを大量に食べない限り過剰摂取の域には達しないでしょう。

問題となるのは、葉酸をサプリメントで大量摂取した場合です。サプリメントの場合、食事から摂取するのは不可能なほど大量の栄養を簡単に取り入れることができてしまうため、きちんと分量を確認しつつ摂取する必要があるでしょう。

1日に必要な葉酸の分量は?


一般の成人の場合、1日に必要な葉酸の摂取量は200μgです。妊娠希望の女性は300μg、妊娠初期の妊婦さんは480μg、授乳期間中は280μgが目安です。サプリメントで摂取する場合の参考にしましょう。

尚、厚生労働省は、妊娠初期の妊婦さんは1日に400μgの葉酸をサプリメントから摂取することを推奨しています。毎日の食事から480μgの葉酸を継続的に摂取するのは、難しいからです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加